琉球ポリゴン大阪公演

朝イチで家を出て、米原にクルマを置き、在来線で大阪へ。琉球ポリゴン大阪公演ですが、ぼくは個人行動。どうしても行かないといけない場所が。長年、お世話になった絵本カフェホロホロさんが、今月いっぱいで閉店されるとのこと。あーもう泣きそう。

今まで、たくさんのドラマをありがとうございました。

琉球ポリゴンライブ会場のてぃださんに入り、本隊に合流。

セッティングからサウンドチェックは自分たちでやるスタイル。三線(ボリューム小さい)とドラム(大きい)が混在しているので、割とサウンドチェックが大変なのだけど、もうすっかり慣れたもので、自分たちでちゃっちゃと済ませました。

サウンドチェック後「どこかでお茶でも」ということになり、よりによってコメダ珈琲へ。よりによって行列に並んで。

お店、てんてこ舞いのようで、シロップがなかったり、豆菓子が出てこなかったり。その度に「あれは名古屋だけなのかもしれない。でも、聞いてみようか」などと、ワイワイしてました。

お店の周りも散策。これは、またゆっくりと来たいな。楽しい街だな。

てぃださん、初めてのお店でしたが、お店のお客さんがたくさん来てくださって、とてもとても盛り上がりました。

終演後、本隊を見送り、ぼくは1人、大阪泊。集団行動しなくてごめんなさい。

バリチュークインテット

朝風呂営業をしているスーパー銭湯を見つけて、ひとっぷろ浴びる。竜泉寺の湯って、名古屋にあるやつだねえ。ジングルをそのまま流用しているから、語呂が合わなくてなんかへんな感じだ。

八王子の宿にクルマだけ置かせてもらって、電車移動。

神楽坂のスタジオでメンバー集合。曲数11曲、みっちりと3時間のリハーサルをしました。電車移動して、大塚へ。会場のAll in Funは、オサレなレストラン。丸みを帯びた天井がなんとも、ユーフォチューバ向けであります。

なんとも気分の良いお店の方の対応。嬉しいですねえ。バババッとサウンドチェックをしましたが、お店の方がライブの準備をしながらも、聴いてくれてたりして。

そしてお店前には、開場前からのお客さんの列。

開演前にちょこっと近所をぶらぶらしましたが、小さなお店がたくさん、元気に営業していてなんだかいい街だな。

満員御礼のお客さんの前で、序盤から飛ばしました。2曲めですでに吹き過ぎてたなあ。

今回の楽譜、全て、メンバーの手によるもの。アマリさんのオリジナル曲もバッチリ決まったかと。

お客さんにもとても喜んでいただけたようで、終演後もしばらくお客さんとおしゃべりしておりました。

一つ誤算!クルマを置かせてもらった、八王子の宿のチェックイン時間が24時。会場を出ないといけないのが、22:40!あらま!これじゃ、名古屋で呑んでて名鉄津島線の時間気にしながら呑んでるのと同じじゃないか。というわけで、打ち上げもできずに、帰ってしまったのでした。

百本マイ×照喜名俊典デュオ

百本マイさんとのデュオライブを、毎度おなじみ、吉良町のインテルサットにて。

リハーサル終えてから、楽屋にて、この夏、山のようにある共演ステージの打ち上わせ。好き勝手に、思いつくままにアイデア交換させていただきました。いやー。なんだか、発想が似てるゾ!知ってたけど。

デュオでの本番、スリリングな中にも「どっちに転んでも大丈夫」という安心感もあり。もっともっと自由になれそうだ。

終演後、ぼくは、一路東京へ。今晩のうちに東京へ近づきます。

仮眠をサービスエリアでとったのだけど、寒くて何度も起きてしまった。

SB4

お誘いいただきまして、インテルサットにてジャズライブ。

サックスの小嶋さんは、むかーし音楽教室で雇っていただいておりました。その時以来だから、もう10年ぶりくらいになるだろうか。小嶋さん変わらないな。お子さんの写真見せてもらって時間の経過にびっくり。

ご一緒させていただいたもう1人のサックスの方は、名古屋の夜の街でジャズバンドの演奏している方だそうだ。どういうライフスタイルなのか、どんなことをやっているのか、とても興味があるなあ。自分がそのポジションに入れるかと言ったら疑問だけども。これも、むかーしからあるミュージシャンの形態じゃないですか。

テルキーミサキー@四日市ピージェイ

ひっさしぶりの四日市ピージェイ。

岬ちゃんのお友達の音楽イベントに呼んでいただきました。リハーサルの後、四日市商店街散策へ。今まで行ったことのあるお店を回っていくというのが趣味なのですが、なんでこれが趣味かと言うと、とんでもなく難しいから。なんだか方向感覚をなくしてしまって、思った場所になかなかたどり着けないのです。目指したお店と違うお店に行ってしまったり。

1時間くらい歩いたかな。

イベントは序盤から爆音バンドが続き、私たち、最後にアコースティックスカスカデュオ。これで良かったのかしら。みなさん、喜んでくれているのうだけど、ノリノリでダンサブルでなくって良かったかしら。

東京、スペシャルイベント

来月、7月15日(月祝)YEP-321ミーティングを東京でやりますのです。

それに合わせて、16日(火)はソロライブを組んだのです。

「なんか面白いことして、9月のバリチューのイベントの後押しになるようなことできないかな」なんて増くんに相談していたのですが、スペシャルな企画が上がってきました。

Bari-Tuba Quintet Live

【日時】7月15日(月祝)18:30開場/19:30開演

【出演】照喜名俊典(Euph)増圭介(Euph)AMARI(Euph & Vo)坂井翔太朗(Tuba)八巻柚夏(Tuba)

【会場】All in Fun 東京都豊島区南大塚3-51-8

http://allinfun.jp

【料金】2,500円+2order

【備考】ボーカリストさんの入ったバリチュー初公開!

そう、ボーカリストさんの入ったバリチューです。ジャズとか、ボサノバでなく、パンチの効いたオリジナルソングを歌うアマリさん。こ、これは新しい。予想以上のトンがったイベントが。これは、ソロライブが埋もれてしまうな。。。

九州アウト

朝起きてまだ曽於市のレストラン。

美味しい朝ごはんをいただいて出発しました。

昨日、近所を散策しているときに、山の土手っ腹に扉が付いている不思議な場所を発見しました。「開けたいなー。でも勝手に開けられないなー」と思って諦めたのですが、今朝、レストランのオーナーにそんな話をしたら「うちの貯蔵庫だよ。昔の防空壕」と。覗きたかったなあ。

宮崎空港で降ろしてもらい、お土産なんかを買い込んで、機内に乗り込み、あっという間にセントレアへ。

昼の間に帰ってくるのって滅多にないので、なんだか不思議な感覚。

帰宅してからこの写真見直したのだけど、これ、上下逆の方が良かったのではないだろうか。

富安秀行九州ツアーwith照喜名俊典&スイングキャラバン2/2曽於市公演

朝起きてまだ宮崎市のお寺。本堂の方から聞こえてくる笑い声で目がさめる。和尚とミュージシャンとコーヒーを飲みながら談笑していて、ぼくは寝坊して若干の出遅れ。お寺の皆さんにお礼を言って、一路、鹿児島県曽於市へ。

途中、温泉に入ったり霧島酒造へ寄ったり。ワイワイしながら進みました。

今晩で九州ツアー最終日。会場は善助ファーム。国道から脇道へ入るとあれよあれよと言う間に、こんな農村へ。

携帯の電波を見ると圏外。

善助ファームは、看板も何もない、情報を知らないとたどり着くことも難しいような里山にぽつんとあるレストランですが、なんと屋外に手作りステージが。

「こんなところにお客さんくるのだろうか。来れるのだろうか。」なんて思っていましたが、開場時間になると、たーくさんのクルマがどんどこやって来て、満員のお客様となりました。

2時間ほどのステージ、大熱狂で終わりました。たーくさんのお客さんの中で「ユーフォニアム見たことある人?」との問いに手を挙げたの1人だけ。

そのまま打ち上げへとなだれ込み。お客さんの中に、うちのおじいさんの住んでいた沖縄の離島のことを詳しく知っていると言う方がおり、お互いに写真を見せ合ったりして、遅くまで語りあったのです。

これで1週間のツアー全て終了!

明日は帰るのみとなりました。

お世話になりました皆様、ありがとうございました!

富安秀行九州ツアーwith照喜名俊典&スイングキャラバン1/2宮崎市公演

富安さんとの2人のツアーは昨日で終わり。今日からは大分からフレンチスイングデュオのスイングキャラバンのお2人とのツーデイズです。

昨日の晩からお寺に滞在してますが、ジャズユーフォニアム奏者の香月さんがご家族と遊びに来てくれました。一昨年、東京でのコンサートでご一緒させてもらいましたが、この9月にもまた東京でのコンサートが決まっています。

いろいろと音楽の話したり、アメリカの話したり、楽器の話したり。

9月のコンサートの宣伝動画も撮りました。

からの!スイングキャラバン到着、ワイワイとセッティングしてサウンドチェックして。あっという間に本番時間。お寺の和尚さんバンド、スイングキャラバン、そして富安さんとのデュオから、全員での演奏へ。

打ち上げの後、昨日に引き続きお寺で宿泊させていただきました。