花巻から帰る

朝、花巻空港へ送っていただいて、お土産を買いこむ。
搭乗時間まで、映画を見ていたら拷問のシーンがあり、貧血を起こしてしまった。なんとかなったけど、これは危なかった。恥ずかしいことになるところだった。

帰りの機内はほとんど寝ていて、あっという間に小牧空港。
こんな写真ブースを見つけたのだけど、よくこんなもの作りましたね。

Ferio Brass 第二回演奏会@花巻市文化会館

会場に入ると、みなさん笑顔で迎えてくれました。
リハーサルは流れを確認するのを中心にメリハリあり。寸劇は相変わらず、台本からなるべく離れて。それに対応する皆さんが素晴らしい。

開場してからは、ずっとロビーにおりました。お客さんの顔見てたりすると落ち着く。チューバマンショーのときはこれが堂々と素顔でできるから楽だー。

お客さんの様子見てるうちに開演。1部はFerio Brassのステージ。オリジナルアレンジたくさんで楽しい。楽屋にて聞かせていただきました。2部は高校生のステージ。途中からマネージャーとして照喜名&吉野が加わりました。さあ、お客さんの中でこの設定を把握している人がどれだけいるでしょうか。

そして、3部はチューバマンショー単独ステージですが、登場の演出がすごい。
簡単な流れは、
・女子生徒にフラれたサボテンが悪くなって女子生徒に襲い掛かる
・チューバマンショーが登場して改心させる
・一緒に演奏する

なのだけど、そもそも「サボテン」が告白するという無理のあるシチュエーションを無理やり成立させてしまうセンスが素晴らしい。そして、楽しみにしていた「せり」を使っての登場。会場から「おぉ!」と声があがりました。

4部は共演ステージ。Ferio Brassさんと高校生の合同バンドを前に、たくさん演奏させていただきました。

みんな、終始、にこにこしていて、大人のメンバーも高校生さんに分け隔てなく接していて、この楽しい感じはなんだろうと、ずっと考えていたんだけど、おそらく、普段の活動がお客さんに近いところで演奏していて。つまり、コンサートでなく、ライブやストリート演奏であるところに共通点があるんじゃないかなあ。目線が同じ。目的が同じ。そうすると考え方も手段も似てくるんだろうなあ。

終演後は、遠方のメンバーもいるということで、会場でのミーティングの後、解散。

山の方へ移動して少数での打ち上げ。
たくさんお話しできて良かった。


花巻へ!

朝9時に家を出て、クルマで小牧空港へ。20分あれば到着できます。前回の教訓から立体駐車場でなく、平場の駐車場へ。この方が荷物を転がす労力が少ない。
機内で見るために、映画をダウンロードしておりました。それを半分くらい見るだけで花巻空港へ到着。

Ferio Brassの方々と再会。そこへチューバマンが到着。お昼ご飯をいただいてから、本番会場へ。
みっちりとリハーサルをやりました。寸劇では、セリを使った登場をするのですが、それも稼働させてくれて、大興奮。
遠方のメンバーがいて、明日は、演奏会後は解散ということで、本日、宴会?でした。

MURAバんく。

来月、対バンするMURAバんく。の土屋君とお茶。
最初は、CHIZのライブのオープニングアクトをお願いしたんだったな。
そして、その次は、みそガンボで対バンしたんだったな。

そしてついに、トクゾーからお声がかかって、3バンドでの対バンの企画が実現することとなりました。

その後、どんな活動をしてきたとか、どんな音楽を聴いているとか、いろんな話をしました。ぼくの知らない、いろんな音楽のこと教わって。ああ、来月、楽しみだな!

iPad Pro 12.9導入顛末

去年から9.7インチのiPadで楽譜を見るようになって、その便利さに「もう後戻りできない」となっていたわけですが「やっぱりもうちょっと大きいものが欲しいなあ」と思うようになりました。チューバマンがぼくのより、ちょっと大きいもの持ってるんですよ。それを横目で見たりして。

それで半年くらい、いろいろな可能性を考えていましたが、結局、中古のiPad Proを買いました。

よし、バンドの楽譜なんか全部入れてしまおう。
ライブの後に、使ってる楽譜にサインしてプレゼントして、次のライブの時に無かったなんてことも、これでなくなるでしょう。

大画面のタブレットにして困ったこと。

今まで使っていたタブレットホルダーが10インチまでしか対応しておらず使えなくなった。
調べて、大きなタブレットもホールドできるものをみつけたが、よく見てみると、マイクスタンドの上にくっつけるようになっている。


ライブのたびに、そんな重い棒(マイクスタンド)を持ち歩くかい。
現場でいちいちマイクスタンドを調達するのも現実的でない。数に限りのあるスタンドをタブレットのために貸してくださいとは言いづらい。
どうにかして、今まで使っていた三脚型のタブレットホルダーにマウントできないものか。と、自宅にあるマイクスタンドと、三脚を見比べていたら、三脚型ホルダーの棒と、マイクスタンドの棒が同じ太さであることに気づきました。というわけで、ここからチェンジ。これで持ち歩きができるようになりました。ただ、マイクスタンドの棒はそれなりにヘビーウェイトなので、丸ノコで短くしてしまいましょう。

もう一つ、今まで使っていたウエストバッグにiPad Proが入らない。
いつも、楽器を背負って動くのですが、その状態で手が塞がるのが嫌で、いつもウエストバッグを前面につけて歩いていまいす。楽器を背負っていても、全力で走れる状態でいたい、転んだ時に手をつきたい。さあ、これはまだ未解決。昔、ノースフェイスのデイハイカーという、バカでかいウエストバッグを使っていたけど、あれはもう売ってないのかしら。楽器のソフトケースのポケットに入れるというのもアリなのだけど、長年、同じ重さのものを背負ってきていると、それにちょっとでも重量が加わると、違和感があるんです。


あとね、ページめくりをするのに、フットペダルも買って使っているのですが、チューバマンショーの時はこれが使いにくい。マスクのせいで足元が見えないんですよ、全く。

ピアニストさんのように、椅子に座っていれば問題ないんだろうけど、動き回るからねえ。動き回った挙句、見えないペダルの位置に戻ってくる、適切なペダルを踏むというのがとても難しい。これは、プレゼンテーション用なんかに売られている指輪型のリモコンが使えたらサイコーなのだけど、どうなのだろう。

今まで、大判タブレットを持っている人を見ると「いつぞやの肩掛け携帯電話みたいでどこかスマートでないなあ」なんて思っていたのですが、仲間入りします。

チューバマンショークリスマスライブ

いつだったか忘れたけど、名古屋駅近くのスガキヤに入ろうとしたら「今日はチャーシューが届いていないので、ラーメン以外のメニューになります」と、ふざけたことを言われて、隣の百均でぶらぶらしていた時のことです。
「あれ?照喜名さん?」と声をかけてくれたお鬚の方あり。
何度かライブをやらせていただいた名駅近くのカフェ「ダブリンルームカフェ」のマスターでした。立ち話をしていて「またライブやってくださいね」なんて言っていただいたのを覚えており、今回のライブをお願いしました。名古屋駅からこんなに近くでライブできるっていいよね。

自分が家を出た頃に、チューバマンから名古屋駅到着の報告あり。
「ありゃま、チューバマンの方が先にお店に着いちゃうな」とか思っていたのですが、会場に入ってみるとまだチューバマンの姿なく。「ユニモール14番出口ですよ」と伝えてあったのですが、「地下街で迷ってしまったので、もう一度、地上からチャレンジしています」とのこと。そうか。ユニモールにたどり着くのが難しいのか。

投げ銭ライブということで、特に予約を受けていなかったのだけど、蓋を開けてみると、超満員のお客様。そして、すごい熱気!自分たちは、こんな格好をしているので常に熱いのだけど、お客さんも熱かったらしい。いや、湿度が高くて風邪予防になって良かったのではないでしょうか。

ちびっこから、もちろん大人のみなさんまで、たくさん笑っていただきました。終演後はみんなで乾杯したりして。ああ、いいお店だなあ。またここでお願いしたいなあ。

デジタル楽譜

今度の日曜日にとある子供向けのパーティーで子供向けの曲を演奏することになっておりまして。楽譜データを4曲分購入しました。
でも、「あれ?この曲のデータ、以前も買わなかったっけ?」と思って、購入履歴を見てみると、なんと

〇プリカ→三回目
〇りのままに→三回目
〇ートオブユアワールド→二回目
〇ールニューワールド→二回目

でした。購入したデータは、パスワードで保護されていて、3日経つと開けなくなります。で、プリントアウトして使うわけだけど、扱いがテキトーなので、どこかテキトーな場所に保管してしまって、結局、なくしちゃうんですね。勿体ない。

この、プリントアウトした楽譜をなんとか、データにできないかと思っていろいろ試しました。スキャナーアプリで写真を撮ってみたり。ものすごい手間だ。

が、もっと良い方法があるのを発見しました。
プリントアウトせずに、そのままパスワードのかからないPDFデータで保存する方法。
教えませんが。


案内発送

来月のCHIZの一宮公演、気が付いたらもう一ヵ月を切っておりました。先日参加させていただいた、尾張吹奏楽祭でご一緒させていただいた高校のみなさん充てに案内状を書きました。なかなか音楽ホールでのコンサートでなく、カフェのライブなんて行ったことないだろうからなあ。本当はハードルが低いのだけど、逆に感じるだろうなあ。

松阪へ

三重県松阪市のプライベートな会合での演奏。夕方からの入りだったのだけど、松阪市と言えば、会っておかないといけない方がおりまして。
チューバマンショーマスク制作をお願いしている衣装デザイナーさん。マスクの他にも、普段、ステージで来ているジャージ素材の黒スーツ。くしゃくしゃに丸めて楽器の中に放り込んでもシワになりません。あと、同じくジャージ素材の細身の黒パンツ。これもよく見ると左右非対称の縫い目が入っていたりします。

1年半ぶりくらいにお会いしたのかな。元気に何か企んでいる様子を見れて嬉しく。途中で百本さんもやってきて、共通の知り合いがたくさんいるようでこれまた嬉しかったなあ。何か始まるといいな。