審査員のお仕事

コンクリートの審査員のお仕事をいただきました。

「誰がくるのかなー」といつもドキドキしますが、今回はみなさん顔なじみでした。何年振りかにお会いしたトランペット奏者さんも。この方、ぼくが留学中、一時帰国した際にお仕事くれたりして、すごーく昔からよくしてもらっている方でした。同じ地域に住んでいるので、昔の話したり。
あー、なんだかここにはゆっくりとした時間が流れてるなあ。

予約出来ず

予約はできないけど、ウエィティングリストの1番上に入れてあげるという、聞いたことのないシステムのお店にいきました。

電話口では、「テルキナです」「エノキダさんですね?」「テルキナです」「ホニャ?キダさんですね?」「はい、そうです」

となっておりましたが、なかなか興味深い結果となりました。

家にいて

自宅とホームセンターを行き来する日。自宅の収納スペースを増やすのだ。

これが片付いたら、残すは二階の納戸のみ!

これがまた手強そうだけど。

百本マイ×照喜名俊典×近藤久峰

岐阜のメディアコスモスにて、障害を持った子どもさんとその家族向けのコンサート。

会場に朝イチで入りました。セッティングしました。開場まであと30分で2ステージ分のリハーサルしないといけない、大急ぎでやりました。できました。きっちり詰めるというのは全然無く、何が起こっても大丈夫というのを確認する時間だったような気がするな。

コンサートは、まだあった!百本さんのまだ見タコとのない引き出し。期待通り、グイグイぶっ込んでくる近藤くん。2ステージの間、随分とはつらつとしてました私たち。

3人で、更科。岐阜にゆかりのある2人より、僕の方が断然回数多く行ってるっぽい。

百本さんが、ぼくよりずっと昔から近藤くんのこと知ってるって笑えるな。そして嬉しいな。

百本さんとは、夕方から会場を移して、英会話教室のクリスマスコンサートでのミニライブ。会場のエレピが動作不安定で、いきなり音が大きくなったり小さくなったり。「じゃあ、無しでいくか」と、ピアノ無しで2人でやりましたが、問題なし。ルーパーなどのエフェクターも使いましたが、それもなくても大丈夫ではないでしょうか。

発表会からビッグバンド

午前中、ピアノの発表会。家族総出で伴奏するという豪華?な発表会となりました。

午後からはビッグバンドの本番と練習。

バストロンボーンのつもりで行ったら、1番の椅子が用意されておりました。

バストロンボーンにマウスピース変えて行くか!と思ってましたが、団員さんがクルマに余分に持っていたテナーを借りることになりました。

トロンボーンセクション、クリスマス感出ましたでしょうか。出てないですね。

ホームページリニューアル

2004年末、アメリカから帰って来る前に「フリーでお仕事するのだ。ホームページは必要なのだ」と立ち上げたホームページ、ここ数年は日記だけで中身の更新しないで放ったらかしていましたが、「フリーでお仕事するのだ。今のホームページはスマホのレイアウトに対応していないのだ」という状況になってしまいました。

昔はホームページビルダーっちゅうので作ってましたが、今時はどうなっているのだというところから調べ、本を買ってせこせこ作りました。それと並行して、ウェブショップも新しいところに開設して、クレジットカード対応、英語対応にしました。世界中から楽譜データ買っていただけるように。

なんとか形になったのではないでしょうか。

新しいホームページ。

しかし「毎日書けば書くだけインターネット上では『照喜名』というワードがぼくなものになっていく」という理由もありやっていた(メインの理由は普通に日記ですが)ブログもどうやら時代遅れになりつつあるみたい。これを今のホームページに持って来ることは可能らしいけど、調べてみたらその投稿の数、4,500以上ですって。その日記にはかなりの数の写真も付いているわけで。これを完全に移行するのは気が遠くなるなあ。一括でできるのかな。こちらもぼちぼち勉強していきましょう。ホームページ更新したら、早速お仕事の問い合わせが入ったよ。

本を使えない

楽器を教える時にいつもメモを取ってもらうようにしてます。ポイントを資料にまとめておいて、それを渡すようなスタイルの人もいると思うのだけどぼくにはできなくて。

100人いたら100通りの違いがあって、それに対する一番効率の良い練習方法は、共通ではないわけで。今日も「ああ、このお仕事していて良かったなあ」という実感が持てました。

歯の点検

管楽器奏者にとって歯は命ということで、歯医者に行ってきました。

と言っても普通の歯医者ではなく、管楽器のことが解ってる歯医者さん。命とか言ってる割に久しぶりになってしまった。

あーれー。虫歯ありますってよー。大人になってから虫歯って恥ずかしいなあ。

CHIZホーンズ@COTAN

今回のCHIZのライブはちょっと変わっていて、管楽器4人のみ。

今年は後半戦は西本君がなかなか参加できず、最後になんとかライブが組めないものかと思って予定合わせをするも、管楽器4人しか都合つかず、「それなら4人でやっちゃいましょうか」ということになりました。

ドラムとギターがいないんだけど、まあ、なんとかなるでしょうとは思ってました。ちょっとこだわりたかったのはレイアウト。ブラジルの広場で集まってやるホーダヂショーロみたいなことをやりたくて、4人しかいなくて、丸にはなれなかったのだけど、フロアの真ん中で4人が中心を向いてやるというスタイルにしました。アンサンブルというよりは、セッション。みんなの顔が見えた方がより大胆な駆け引きができるかなと。

内容、思った通りのものになりました。思った以上?

最後のお客さんとのセッションは、まだ改善の余地ありという感じ。

忘年会ライブなのに、終わって片付けたら終電時間でほとんど飲めなかったー。