たぶん初めてではない

栄のギャラリーに展示を見に。名古屋の中心へ出てくると父の名前が出てくる。

からの衣装を探すために古着屋を回るも、楽器が邪魔くさくて心が折れる。フリューガボーンなのに。リュックの方がまだ良いのかなあ。そんなことないなあ。

お店に早めに入ると、もう既に大先輩の皆さま音出ししてるじゃないですか。危なかった。時間通りに入っても遅刻扱いになるところだった。

ラブリーはたぶん大昔に出演させてもらってるのだけど、覚えていないくらい昔だ。見にきたことはたくさんある。

初めての面子で緊張したけども、だんだんリラックスできました。できること、できないこと、できないけど、できるようにならないといけないことが洗い出されました。楽しかった。もっとやりたい。

新生活準備

明日から千葉に行くというマイカーのオイル交換に行って、大型の家具を組み立てたり。

4月から新しい生活になるので、楽しみもあり寂しさもあり。

明日の譜読みを根をつめてやっていたのに、全く違うライブの準備をしていたことが判明。もう2時間かける。

みそガンボレコーディング

毛布は反射防止のため

いよいよ最後の1ピースとなりました。みそガンボのCDレコーディング。みつひろエンジニアがやってきて、5分でセッティング終えました。「あのー。ちょっとお願いが。」とか言って、自分だけでは動かせない家具の移動をお願いしたりして。エンジニアにそんなことさせてごめんよ。わかってくれてありがとう。

水野さんがやってきて、レコーディング開始。

ぼくは、実質やることないので、バーベキューでもしようかしらへへへとか思ったけど、いざ水野さんがレコーディングを開始すると「このアニキ分が演奏しているのに、わたし呑んじゃっていいのかしら。」と腰が引けて大人しくしておりました。バキバキに攻めた演奏が聴こえてきて嬉しい限り。2時間ほどで5曲!さあ、あとはミキシングですね。ジャケットも進んでいるそうで。

インテルサットライブ

ゲストで呼んでいただいたので、気楽に電車で行ってみるか。

と久しぶりに電車でインテルサットへ。最寄り駅を降りると、カエルが鳴いておりました。海の方は季節がちょっと早いのね。

クリエイティブで不器用な愛おしい人たち。楽しかった!

つるのりバンド@バレンタインドライブ

つるのりバンドライブ@バレンタインドライブに向かう名鉄電車のホームで「照喜名くん?」と声をかけてくれた方あり。帽子とマスク姿だったけどすぐにわかりました。高校の恩師のM先生。吹奏楽部の顧問の先生です。ぼくの通っていた高校は新設校で、どの部活も満遍なく大会で良い成績を収めるとかそういうことがなく。吹奏楽部も全員で30名くらい。コンクールに出ても地区大会止まりというような感じだった。運営はほぼ生徒がやっていて、指揮も生徒がやっていた。そんな状況だったけど、自分たちでなんとかやりくりしていくのは楽しかったな。この先生は、国語の先生なのだけど、とても文化に造詣の深い人で卒業してからもぼくのらことを可愛がってくれていろんなコンサートに連れて行ってくれたり、海外オケの知人に会わせてくれたりした。名古屋駅までの15分間、ものすごくたくさんのことを喋った。感謝した。

「背中にチューバの絵が描いてあったから。最初は楽器屋さんかなと思ったよ」なんて言ってくれた。ありがとうございます。今池のライブハウスで今日も演奏してきます。

さてバレンタインドライブは、全くもってコロナ前の盛り上がりでした。すごい人。盛り上がりました。ぼくはといえば、なんとか力まずにというのを終始気をつけていたら、ちょっと良い結果が出た。この線で行こ。

楽しかった

またゼロからのレッスン。一回こっきりだけど。ものすごく楽しかった。

フィナーレがアップデートされて、少し賢くなりました。きっと、どこかおかしくなってる点もあるんだろうな。。。

中津川で

土砂降りの1日。渋滞が怖くて朝イチに家を出ました。中津川でお仕事ののち、レトロな食堂でご飯。楽器の調整なぞしたりしてから帰りました。

ようやく家に

久しぶりに帰宅してゆっくりというわけでもなく、中学校2つレッスン。

ゼロから教えるの、ひょっとして久しぶりかな?楽しかった。

新しい自転車が来ました。昔、自転車を、5台同時に所有してたことあるくらい、自転車少年っったのよ。

審査員お仕事1/2

審査員の皆様、初対面なので緊張するのだけど、ものすごーくフレンドリーな皆様で、あっという間にほんわか雰囲気になりました。

そして、いつもお世話になっている愛知のセンセーも現れて。

夜は蕎麦と日本酒呑み放題へ。