チューバマンショーYouTube Live from Heaven’s Cafe

チューバマンショーYouTube Live from Heaven’s Cafe

【日時】 3月21日(土)19:30オンエアスタート!
【出演】チューバマンショー ユーフォマン(ユーフォニアム)チューバマン(チューバマン)
【会場】Heaven’s Cafe (ヘヴンズカフェ)大阪市淀川区十三東2-2-1 06-6309-7527
【料金】2,000円
お支払方法:3月21日(土)19:00までにPayPayにて料金をお支払いください。

①Heaven’s CafeのPayPayバーコードをスマホにダウンロードする


②PayPayアプリを開く
③スキャン支払いを選択

④カメラが起動した画面で写真アイコンを選択

⑤金額を入力

⑥支払う
⑦支払い完了の旨をtubamanshow@gmail.comまでご一報ください
⑧折り返し、YouTubeの視聴アドレスを送ります 以上

【備考】ライブ中にコメントを書き込むことも可能。応援待ってます!
ライブ中に、コーヒーやビール等のチップ(500円)の差し入れ可能。どんだけでも飲みます。質問やリクエストなども受け付けます。なんでも聞いてね。応えられる範囲でお答えします。

ユーフォマンとチューバマンの2人で構成され、地球を遠く離れたチューバ星から地球の愛と平和を守るためにやってきた。 ジャズ?民族音楽?クラシック?世界中のいろいろな音楽のスタイルを取り入れたグルーヴィなオリジナル楽曲で人々をシアワセにする。 お問い合わせ:tubamanshow@gmail.com(チューバ星地球課)

【照喜名俊典 オンラインマンツーマンレッスン50分受講権&基礎練習楽譜】

【照喜名俊典 オンラインマンツーマンレッスン50分受講権&基礎練習楽譜】
オンライン会議ソフト/アプリZoomを使ってのオンラインレッスン受講権と基礎練習用の楽譜のセットです。
【対象楽器】ユーフォニアム/トロンボーン/その他要相談

【zoom】
・パソコンサイト
https://zoom.us/
・iPhone
https://apps.apple.com/jp/app/zoom-cloud-meetings/id546505307
・Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings&hl=ja

【レッスンの受講に必要な環境】
①楽器を所有している、管楽器の音を出すことができる(苦情が来ない)
②パソコンにzoomがインストールしてある、かつ、マイク&ウェブカメラが正常に機能している
③スマホ、タブレット等にzoomがインストール、かつ、アプリにマイク、カメラの使用を許可している
④wi-fi 環境を強く推奨します
⑤より良いオーディオ環境のため、イヤホン/ヘッドホンの着用を推奨します
【受講手順】
①スケジュールのすり合わせ
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=8pilnh0c9rk16upp6737ngla28%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo
スケジュールをご参照の上、ご希望の時間帯を tterukina@gmail.com (テルキナ) までご連絡ください
②オンラインレッスン50分受講権(当商品)を購入
③基礎練習楽譜をプリントアウトする(実際のレッスンの内容はこれに限りません)
④メールにてzoomのオンライン会議室のIDをお知らせします
⑤楽器、周辺機器を準備の上、受講

【ご注意】
※マイクが使えない、カメラが映らないなどの機器類、環境面での相談はお受けできません。
予め、周辺機器、スマホのテストを十分にしてから受講してください。
zoomサポートページ(英語)
https://support.zoom.us/hc/en-us
環境が整っていない状態で受講された場合の返金はいたしかねます。

※複数の方の受講、聴講はご遠慮ください
※録音、録画はしていただいて構いませんがそれを配布したり、SNSなどに流す行為はしないでください
※本商品の購入は、【クレジットカード決済】でのみお支払いしていただけます。
※複数のデジタルコンテンツ商品を一度に購入することはできません。

照喜名 俊典プロフィール
愛知県立芸術大学卒業後渡米。ノーステキサス大学院にてジャズを専攻する。
ノーステキサス大学在学中の2004年夏にハンガリーで行われたジャズコンクールでの優勝を機に帰国。
日本では数少ない本格派ジャズユーフォニアム奏者、作編曲家として活動中。
現在、チューバマンショーの中の人としての活動の他、CHIZ、みそガンボを初め参加バンドやプロジェクトは多数。
エンターテイメント性にあふれたステージングを信条としている。また教育活動も積極的に行い、全国の吹奏楽団との共演もしている。
名古屋芸術大学非常勤講師。

ひとこと
ライブでは、明るく楽しく、はっちゃけたパフォーマンスをしていますが、楽器、音楽指導にも生きがいを持って活動しています。
上手く行ったときに、目の前の受講者さんの顔がパッと晴れやかになる。そんな瞬間が自分のエネルギー源になっています。

オンラインレッスン作り方

全ての小中高の休業が要請されたとのことで、モードが切り替わりました。
オンラインでレッスンできるようにしなきゃ。

必要なのは
・音が出せる環境
・代金徴収システム
・オンライン会議システム
・オンラインスケジュール帳

と書き出して「ある!ある!ない!ある!」と、割とすぐにできそうなことが解りました。

代金徴収システム=ウェブショップ https://thebase.in/
実際の「物」でなくても、「データ商品」の販売ができるので、基礎練習の楽譜を買ってもらうとそれが、そのままレッスン代の徴収になるということにしました。情報の管理や領収書の発行なんかもウェブショップのサイト上でできるので簡単。クレジットカード利用可。というか、データ商品はクレジットカードでしか販売できないので、中高生が勝手に申し込むということもないでしょう。

オンラインスケジュール帳=グーグルカレンダー  https://calendar.google.com/calendar/

オンライン会議システム= https://zoom.us/

オンラインのテレビ電話の機能だけど、これだけは今まで調べてみたことなかった。いろいろ調べた結果、留学時代に使っていた昔懐かしいSkypeかzoomの二択に。Skypeは、受講生さんがアカウントを作らないといけないのに対して、zoomは、アプリをインストールすれば良いだけ。ということで、zoomにしました。

いままでバラバラで使ってきたものを、ちまちまとリンクさせて、一つのシステムにして。これ、それぞれの要素は手元にあったので割と簡単に作れたけど、それぞれ、一から作るとなると、相当な手間だったなあ。

テストとして、受講してくださる方もすぐに現れて良かった!

フリューガボーン改造

届きましたよ。届きましたよ。
修理と改造に出していたフリューガボーンが!

じゃじゃーん!こんなんになりました。
懸案だった、ベルの響きも問題ございません。
驚いたことに、ベルを取って演奏しても10セントくらいしか音程変わらず(上がらず)ベル無しでも演奏できますがな。音色がより、トロンボーンに近く、マイクのある環境だったら、これでもイケるなあ。ベルをつけると、ホルン寄りの響きがでます。
これは、とても嬉しい。ベルを外すとこんなにコンパクトになる。ああー、ケース作るの楽しみだー!

ピアノデュオライブ@インテルサット

ずっと、バカボン5でご一緒させていただいていた、ピアニストさんとのデュオ。この方は、演奏中、ほっんとに楽しそうにしている。見ていて楽しい。

今まで演奏はものすごくたくさんの回数やらせていただいてるけど、二人というのは初めてで、自分が思っていることなんかも、たくさんお話しできた。

この方が楽しそうに演奏している理由もとてもよく分かった。ジャズの奏者としては、向き合い方が自分と共通するところがたくさんあるなあ。

とても幸せな時間だったのに、なんと、次の機会まで決まっちゃいました。とても嬉しい。ぼくは、この方となら、名古屋のジャズクラブでたくさん演奏したいな。

トクゾーライブ

MURAバんく。レイジーボーンズ、みそガンボの3バンドのライブ。
14:30に一番に会場入りして、リハーサルも一番手。本番の出番は最後21時頃。なかなか長丁場だ。これは、空き時間がたくさんありそうだから、読書の準備なんてしちゃおう。なんて思っていたのだけど、他のバンドさんにも飛び入りのお声をかけていただいておりまして、ずっと会場に張り付いていないといけないことが解り。晩御飯を食べに出るタイミングも逃し、なかなかカロリー的に厳しい状況での本番と相成りました。

MURAバんく。さんとは、ここに至るまでの道のりがなかなかドラマチックなので、共演させていただいたの感激でした。これから東京へ出ていくそうで、早くいいプロデューサーさんに出会って! レイジーボーンズさんのユルい雰囲気がとても好き。いい曲ばかりだなあ。
みそガンボの演奏は、安定のお二方!ずっとお世話になってきた兄貴分と一緒に音楽ができている、この状況がとても嬉しい。

楽器たくさんだったので、お酒呑めず。帰宅後、一人乾杯!

沖縄へ!

昨日、九州のイベントがキャンセルされたばかりだけど、4月アタマには一族で沖縄に行く計画があるのです。そろそろ、チケット関係リミットだ。
行かないという選択肢はどうやら無さそうということで、ババっとやりました。
那覇の宿、素晴らしいところを見つけた。1フロアに4部屋和室があって、キッチントイレなどは共同と。これ以上ない、ばっちりなシチュエーションじゃないですか。

イベントキャンセル

電話がかかってきて、来週の週末の博多の演奏がキャンセルになりましたと。
がーん!演奏はもちろん、楽しみにしていたのだけど、九州なんて行くだけで楽しいのでこれはショックだ。人が集まってはいけないなら、ミュージシャンはどうしたら良いのだろうか。
ぐるぐると考えた挙句、人が集まれない時間には創作活動をするしかない。人が集まれるようになった時に発表するものがあるようにしなければいけない。というところまでたどり着きましたが、これは割と普段からやらないといけないことなんだなあ。

兵庫大学吹奏楽部コンサート

朝イチで会場入り。すでにホールではリハーサルが始まっています。会場の方が昨日、「いてもたってもいられなくなってマイクを良いものに変えました」と言ってくれました。ワイヤレスから、コンデンサーマイクに変更してくれたそうで、とても嬉しい。入念にバランスのチェックなんかして。

良いホールということもあるんだろうけど、選曲のバランスがとても良いなあ。一部、本気のクラシック、二部、ポップスというのではなく、全ての要素が順序良く散りばめられているんだなあ。

お客さんの年齢層、やや高め?でしたが、演奏もトークも全力でやらせていただきました。終演後は、ロビーでたくさん写真も撮りまして、喜んでいただけたのではないかと。

駅近くの居酒屋さんで打ち上げの後、1時間ほどしたところで、電車の関係で失礼しました。