チューバマンショー甲府公演

朝7時過ぎに、フライトケースをコロコロ押しながら駅まで。8時半の高速バスで、甲府へ。

タブレットで映画を見れるようにしてきたので、その準備をしていたら、隣の人が読者を始め。なんだかここで映画を見始めたら負けのような気がして、ぼくもタブレットキンドルで読者。しかし、隣の人が読んでいる本が、どうやらアニメの小説だということがわかり、映画鑑賞に切り替え。この時間のロスのおかげで、映画一本終わる前に甲府に着いてしまった。いや、渋滞もなくスムーズに行けて良かった。

チューバマンと合流して、吉田うどんというヘンテコな食べ物を食べる。

会場に楽器を搬入して、今回のホストであるゲスハウスの皆さんにご挨拶。もう衣装を着てるあたり、さすがです。

一旦、宿にチェックインして軽くシャワーなんかして、再び会場へ入りリハーサルへ。演出上のこと、音楽的なことがスムーズに決まっていきます。さすが、ゲスハウスの皆さんライブ慣れしてますねー。気持ちいいです。

今回のライブでは、ニセチューバマン、ニセユーフォマンが登場します。会場の特徴をフルに活かしての演出も。

そして、満員のお客さんを前に本番始まりました。前半の演奏はとても喜んでいただけたよう。そして、後半のオープニングにニセチューバマン、ユーフォマンが登場。そこに本物のユーフォマンが登場し、ニセユーフォマンの正体がバレました。でも、「何かヘンだ」と思いつつも、ニセチューバマンが偽物だと気がつかず、なんとかライブを進めようとしていると、ステージ後ろのスクリーンが上がり、そこには後ろ手に縛られて、猿ぐつわを噛まされたチューバマンが!

というような猿芝居をお楽しみいただきました。

後半のアンコールで、ゲスハウスの皆さんとの共演を2曲!

とても暖かい拍手いただきました。

お客さんを喜ばそうという、外向きの気持ちのこもった良い内容ではなかったでしょうか。

ほら、あとからアップされていた写真、みんな体重の乗り方が一緒。これは、自分的には両足が自由に動いて何が起こっても対応可能な体制。重心が上半身ではなく、腰のあたりにあってとても低い。

嬉しいなあ。ストリートライブとかお客さんが近いライブとかやってると、こうなりますよね。

終演後、お客さんと楽しく写真撮影なんかもして。そのまま打ち上げへ。

ガブガブいただきました。

春待つ桜ライブ

春待つ桜ライブなんて、なんてヘンテコなライブタイトルつけちゃったんでしょうとか後悔してたんですが、あれよあれよと言う間に暖かくなって、桜の開花も始まったみたいで、ちょうど良いタイトルになりました。

会場のアクアサイドは、スイミング用品の販売をやっていたのが、通販だけになって、そのあとカフェを始めたんですって。さらに、ウクレレスクールも始まったんですって。で、ライブやるようになったんですって。以前、森香さんのライブでお客さんとしてお邪魔しました。

その時もだったんですが、なんと、軽食と飲み放題付き!飲み放題も、サーバーからビール注ぎ放題、樽からワイン注ぎ放題、焼酎も飲み放題ですって。まー、すごいですね。

じゃんじゃんお酒を飲むお客さんを見ながら演奏するのは、果たして楽しいのだろうか、などと疑問に思いましたが、まあいいでしょう。

マスターのウクレレ弾き語りのオープニングアクトから始まりました。これが、ダジャレの応酬で会場ドッカンドッカン盛り上がりました。さすが、落語もやってるだけあって、かなりの腕前です。

そして、それに触発されたかどうかはわかりませんが、バロン君のステージ、いつもとちょっと違う雰囲気になりました。なんというか、ストリート大道芸モード全開とでもいいましようか。

アンテナをピキーンと貼った人の横で演奏するの楽しい。自分のアンテナも研ぎ澄まされていくのがわかる。

客席には、富安さんの姿もさりげなくやってきてさりげなく帰っていきました。かっこいい。

飲み放題ライブ、どんな乱れたライブになるのか恐れておりましたが、酔っ払いみたいな人は現れませんでしたねー。良い会場、いいマスター。また来たいなあ。

帰り際に三八屋さんな顔を出したら、なんと開店イベントのお話いただいてしまった。なんというタイミング。なんという光栄なお話。

琉球ポリゴン@サウンドM’s

午前中はゴロゴロしてました。お昼ごはんはちょこっとだけにしておきました。リハーサル終わってからちょっと食べに出かけたい。ヤギ汁とか。

今回の会場のSound M’sさんは国際通りのど真ん中にあるジャズバーです。最近は琉球ポリゴンはホール公演だったり、デカいライブハウスでの演奏ばかりだったので、アコースティックな環境久しぶり。これはこれで嬉しい。

セッティングの合間に瀬利くんとパチリ。(歩行者天国です)

出てくる前は「Tシャツはいるだろうけど、まさか短パンって感じじゃないだろう」なんて思っていたのですが、本日の最高気温27℃!外に五分もいると汗だくに。じりじりと日焼けもしてますがな。家出てくる前の暖房の設定温度が20℃だったからな。甘かったな。

本番は、満員のお客さん。遠く離れた地でこれは感激です。てか、名古屋からたくさんの方が。名古屋に住んでたけど、沖縄に引き返してきたという方も。

17時開演の早めのライブということで、20時くらいには終了しました。

からの、打ち上げへ。昨日に引き続き、民謡居酒屋へ。ここには名物ママさんがいるということですが、インパクト強かった。お客さんさんをステージに上げて歌ってもらったりしてましたが、軽くカルチャーショック。こんなに濃いい夜が待っていたなんて。

沖縄入り

夕方16時の飛行機ということで、午前中ゆっくり荷造り。楽譜をiPadで見られるようにデータ化。どんどん進めますよ。

今回はフリューガボーンを機内持ち込みということで(勝手に決めた)準備がとても楽。移動もとても楽。空港で早めにチェックインして遊んでいようと思ったら、ハワイアンのイベントをやっていてすごい人混み。すぐにゲートまで移動。沖縄空港に着いて宿にチェックイン。そこからボーカルのアキさんと名古屋から来ている教室の皆さんがいるという民謡居酒屋へ。ちょこっと喉を潤してから、すぐに移動。

スペシャルミッションです。

Ryutyがミニミニライブをするというので、会いに行ってきました。

そして飛び入りで演奏もさせてもらい。あー久しぶりに会えました。やっぱりいーなー。

そしてそこに居合わせた「誰もが知っている」という地元の音楽業界関係者さんに連れられて同じビルの別フロアのお店へ。そこでセッションがはじまり。随分と遅くまでやっていたような。最後の方、記憶がない。。。

今年はやらない

「今年はこういうことに時間使うのやめとこー!」と固く決心していたのですが、知り合いが同じような写真をアップしていたので、やってしまいました。チューバビナ遊び。

クラリネットオーケストラの楽譜の出版の準備。企画もので作ったものの、一回しか使っておらず出版してみることに。しかし、日本全国にコントラバスクラリネットがある団体ってどのくらいあるのだろう。

第8旅団リハ

久しぶりの大須。

夜間のスタジオにて、来月ライブを控えている、名古屋のちょー老舗バンド、第8旅団の40周年!記念ライブのリハ。ゲストホーンセクションのメンバーとしてお声かけていただきました。

結成40周年て!バンドってそんなに長く続くものなのか。

というわけで、みなさん大先輩なので、キンチョーしてリハ現場に行きましたら、沖さんから「お父さんのオケのコントラバスの人、同級生」と、カーブでもスライダーでもない、ナックルボールのような変化球をいきなりいただきまして、あっという間に打ち解けたのでした。

リハーサルは、わちゃわちゃして、とても楽しかった。わちゃわちゃしてたのは、環境が整うまでの機材の問題。

実際に音が出てみると「シンプルだけど、これしか無い。」という感じ。そんなところに入れてもらえて嬉しい。

ユーフォニアムクリニックin羽咋

自宅から羽咋市まで250キロ。クルマで3時間半。11:00の到着を目指すと、7時半出発です。
雪の予報はナシ!
順調に進み11:00には羽咋市の手前のかほく市に無事に入りました。ここで寄って行きたいお店があるのです。やまじゅう。おいしい魚料理がお値打ちに食べれるのですが。。。1時間は見ておかないといけないかな。。。ちょっと無理だな。せっかく北陸まで来たのに、牛丼チェーン店に入りました。なんと家族連れでいっぱい。うーむ。ファミレス扱いされてるんですね。

会場に入り、ユーフォニアムクリニックスタート。中学生さんと、一般の方と。
話すこと、やることが決まっていたら楽なんだけどなあ。百人いたら百人違うので、なかなかそうもいかず。毎回、何が最善かを考えながら。それが楽しい。

クリニック終了後、七尾市でご飯会。
満腹で帰りました。眠くならないドライブのお供はカリカリ梅。

大分市公演

大分ツアー最終日の今日は、お昼の公演ということで早めの始動。
朝ごはん頂いてから、ぴゅーっと大分市内へ。
ジェラテリアふくろうさんは、障害を持った人が働くカフェ。
搬入しながら、カウンターに置いてあるアクセサリーに目が留まり。
琉球ガラスの作家さんの作品を一つ購入。

富安秀行&照喜名、スィングキャラバン、そしてスペシャルゲストにベーシストきむりん、さらに、お店のマスターもサックスでセッション的に参加と、ちょー豪華になりました。と言っても、ぼくはマイクなしで大丈夫なアコースティックサウンド。

サウンドチェックして、簡単なリハーサル。今日は、昨日のリベンジ!スイングキャラバンさんにがっつり絡みます。出し惜しみ無し!

たくさんのお客さんに来ていただきました。昨日に引き続き「珍しい動物」を見る視線を浴びながら。

マスターを交えたセッションは、楽しくなっちゃって、ステージ上で二人で小躍りしました。
終演後、お店でしばらくまったり。

夜は、バンドのみなさんと一旦別れて単独行動。
大学のチューバの先輩と会うのです。
二年ぶりに会う先輩は、優しい目の奥に、やっぱりギラギラとしたものをもっていて、相変わらずいろんなことを企んでいるのでした。ああ、元気もらった。

そして、またバンド本体に合流して飲み明かしたのです。あ、明日は6時半に出るよ。

佐伯市公演

朝起きてまだ電波の繋がらない山の上。

朝ごはんを6:30にいただきまして、出発時間まで自由時間。昨日は辺り一面ガスの中で何も見えなかったのだけど、今日は朝からすっきり晴れてます。湿地も山のてっぺんも見えてます。というわけで、散策にでかけました。「自分が目指すのは下か、上か」とセルフ問答して、上へ向かいました。

ユーフォニアムのケース背負って格好だけいっちょ前ですが、ケースの中は抜いてきました。撮影したいだけだから。

で、写真撮影なんかしていたら別の登山(本気)の人に「ここの水って飲めますか?」と質問されてしまった。謝っておきました。

そして、山荘のクルマであっという間に下山。そこから富安さんのクルマで大分市へ。スイングキャラバンさんのご自宅へご厄介になります。

お昼は佐伯市の生しらす丼を予約していただいておりました。

からの、ライブ会場「らいぶステージ」へ。スナック街の中にありました。簡単なサウンドチェックをしてから一行でコーヒー屋さんへ。あ、これはこのまま夜になっちゃうなと思い、単独行動で佐伯市の商店街を散策。

公共スペース、百均、デイサービスと、一通りやってみたものの、やっぱりなくなちゃったお店がたくさん。飲屋街の方が元気でしたね。

そして、ライブ開始!初めて見るスイングキャラバンさんは、さっきまで一緒にいた印象とガラッとキャラクターが変わってびっくり。ステージに上がると人間が変わる?本性が出る?名前の通りのスイングしまくり、アレンジも凝っていてあっという間に時間が過ぎました。そして、ステージの最後にご一緒させていただきました。

ここで一つ痛恨のミス!リハーサルで2曲合わせていたので、本番もそのつもりでおりました。お客さんにとってはいきなりなんだか知らない管楽器が出てきた状態なので、しばらくその「未知との遭遇」の状態を楽しんでもらおうと、おとなしーく、最小音量の状態でやさしーく絡んでいたのです。で、2曲目でドッカーン!こんにちはー!みたいにやろうと思っていたら、その一曲で共演コーナーおわりました。し、しまった。

そして、富安さんとぼくのコーナー。これは序盤から飛ばしていきました。お客さんの「珍しい動物」を見ているような好奇の目が気持ちよく。

そして、全員での演奏。ステージからはみ出ました。

終演後もしばらくお客さんやお店の方とおしゃべり。

打ち上げは、近所の食堂にて。なんでも、今まではここの食堂の小上がりでライブやっていたんだとか。マスターがとても喜んでくれました。

ごまだしうどん。

この歳になって新しいうどんに出会うとは。

散々飲み食いさせていただきました。また来たいなあ。

帰りに、また温泉に入る。というか、温泉が閉まる時間(24時)をにらみつつ、打ち上げを閉めるというのが新しい。