尾張吹奏楽祭

この地域の高校が集まって1日かけて発表をするというイベント「尾張吹奏楽祭」の2日目にゲストとして呼んでいただきました。イベント自体は朝からやっているのだけど、自分たちの出番は最後ということで、お昼ごろに会場に入りました。
いろんな人が楽屋に遊びに来てくれて。また、隙を見て高校生さんたちの演奏聴いたりしてゆったりと過ごしました。その中でもやっぱり自分の母校の演奏は気になるもので。ステージ袖で聞かせてもらいました。自分のときは、全員で30人にも満たなかったと思うのだけど。倍近くはいるんじゃないかなあ。あの、古そうに見えるチューバは当然、自分の時の新品の楽器なんだろうな。とか、当時の音楽準備室の様子とか。ぼくは早いうちから音大への進学を決めていたので隙があると、他の人たちが自主勉強をするような時間には音楽準備室に籠ってピアノ弾いたりしてたのです。ああ、いろんな思いが入り混じっておりました。

自分たちの出番は、スペインと宝島。難曲をピックアップしてきましたねえ。そして、宝島は、バリチューから始まるバージョン。いつもあまり目立つことのないユーフォチューバのみなさんに、ステージの前面にズラーッと並んでもらいました。圧巻!

バリチューから始まり、途中でバンド全員が入ってくるアレンジにしたのですが、普段はサックスやトランペット、トロンボーンが担当している目立つ部分をぜんぶ、ユーフォチューバでもらいました。しかも、暗譜でばっちり決まりました。やったね!

終演後はユーフォチューバの学生さんと写真撮影大会。そんなこんなをしていたら、母校の先生がやってきて「一緒に写真撮ってください」と。というわけで、後輩のみなさんと写真を撮りました。ああ、感激。みんな目がキラキラしていて。そう、その吸い込まれるような目つきは、何かに夢中で取り組んでる目ですね。嬉しかった。

チューバマンショーin神戸

朝起きて、大阪市内のマンガ喫茶。無理やり、4冊読んでみました。
お昼過ぎに神戸に移動して、中華街散策。
人ごみにうんざり、タピオカ店の行列にうんざり。

16時より、三宮の百貨店内のカフェにて演奏。
待ち時間にチューバマンと百貨店の屋上で遊んだりして。
通りすがりの人を相手に、30分ほどの演奏です。
普段のライブも、大道芸=ストリートライブのような雰囲気でやっているので、こういうのはいつの間にか大得意になってしまいました。たくさんの方にお楽しみいただけたかと思います。

少し休憩して、夜のライブのお店、ロゼパピヨンへ。
もう、慣れたもので、リラックスしてゆっくりと準備をしていたら、いつものライブより30分早くライブの時間帯が設定されていたことが発覚!

わたしたち、開演時間に堂々とお店に入ってきてたじゃないの!

あれまー!やらかした。
それでも、しっとりじっくりと演奏させていただきました。
来年のお店の周年パーティでの演奏のお話いただきました。
なんでも、由緒あるキャバレーでやるそうですよ。





チューバマンショーin和気町

岡山県の和気町のホールでのチューバマンショー公演。地元の中学生さんとの共演コーナーがありそのリハーサルを午前中に。さすがに、中学生さん、見知らぬ大人二人を前にして固まってるので、まずはそこをほぐすところから。先生がグイグイ来てくれる方で、助かりました。

チューバマンショーコーナー
中学生さんのレパートリーに乗っかる×2曲
チューバマンショーのオリジナル曲×1曲

という構成。前説してる時に、すでに客席の一般の方が困惑しているの、解りましたが大丈夫!慣れてます!

終演後は、ロビーにてお客さんとワイワイしておりましたら、「写真の時間ですよー」と呼ばれまして、出演のみなさんと写真撮影しました。

後ろ髪を引かれつつ、会場をあとにし、相生駅へ。こんな駅の存在知りませんでしたがな。駅前のコンビニでチューバマンが「この町は、麺類の街なんだよ」と教えてくれ、ご当地カップ麺を購入しておりました。
「ああ、そうなんだな。またゆっくりお邪魔したいな。ぼくもカップ麺買いたいけど、真似になっちゃうな」と遠慮していたら、チューバマンが購入したカップ麺をプレゼントしてくれました。

大阪市内まで出て、打ち上げ!
急遽、マンガ喫茶に泊まることにしました。


新しいマウスピースから姫路えらいこっちゃ

本日は夕方までに姫路のお店に入れば良いのだけど、その前に用事が一件。マウスピースを新調するのです。今使っているダグエリオットは、アメリカで2004年に製作者本人(ジャズトロンボーン奏者)にレッスンを受けて作ってもらったもので、とても思いいれが強かったのです。ところがですねえ。その思い入れてる自分になんと!飽きがきました。

「そろそろいっかな」という感じです。

というわけで、新しいマウスピースプロジェクトスタート。その打ち合わせに某所へ。

5分で話が終わってしまって、在来線で姫路へ向かうことにしました。iPadにしょーもないアクション映画をダウンロードしてあるので、それを見ながら。2時間ほどで到着。久しぶりの姫路です。そういえば、姫路は駅そばが変わってるって、誰か言ってたなあと思いだし、駅そばのお店に入りました。結果。確かに変わってました。昆布だしが強い?また行くかどうかは。。。どうでしょう。

そして今日のライブ会場のekaさんへ。ゆかた祭りという、姫路の大きなお祭りの時に何度かバンドで呼んでいただいてましたが、久しぶりの再会です。チューバマンも登場して、相変わらず一つもリハも何もせずに外をぶらぶら散策。

これが、しばらくしてお店に帰ってくるとなんと!お店から人が溢れてる!お店からテーブルを運び出したり丸椅子を入れたりと、てんやわんや状態になっていました。チャキチャキと現場をしきってくれているのは、姫路在住のバイオリニストの黒田かなでちゃん。盟友でございます。今日は、お店のスタッフとしてお手伝いしてくれてます。

店内、ぎゅうぎゅうで熱気むんむんの中、絶好調でやらせていただきました。ステージが狭いので伝説のトーテムポールスタイルも登場しました。

終演後、皆と別れを惜しみつつ最終の新幹線で明日のイベントのため岡山へ移動。岡山の繁華街をぐるりと回って、床に就きました。

チューバマンショー大阪公演@西天満マギー

在来線で大阪へ。最近は名鉄で一宮まで出て、一宮の駅近くのチケット屋さんで割引チケットを買って一宮からJRの在来線で大阪までというコースになっております。
お久しぶりのマギーさん。なにせ、サウンドチェックもリハもしないので、お店に入ってからは小上がりでゆっくりしておりました。

初めての方たくさん。おそらくライブみたいなものにいらっしゃるの、初めてじゃなかろうか。そして、初めてのライブが小上がりでの投げ銭ライブという。なかなかハードな設定です。

ライブ、楽しく終了し打ち上げまでやらせていただきました。ああ。やっぱり良いお店。閉店後、近くのライブハウスへ。別のライブの打ち上げに参加させていただきました。

チューバマンショーライブ@ドルチェ楽器名古屋

昼間、愛知県一宮市の高校へ。

来月4日(月)稲沢市で開催される尾張吹奏楽祭のリハーサル。

混成バンドのゲストとして参加させていただきます。この混成バンド、120名ものメンバーがいるのですが、面白いのは、パートに人数の規制がないこと。私たちをゲストで呼んでくださいました今回は、当然ユーフォとチューバが多くなるわけでして(そうなってて良かった)ユーフォチューバ共に、10名ずつおりました。ステージ右側がかなり暑苦しくてとても楽しい。

宝島、スペインの2曲をみっちりリハーサルさせていただきました。本番は、11月4日(月)チューバマンショーの登場は、15:50〜16:25くらいです。母校の人たちもいたり、そういえば、自分自身、このイベントに高校生の頃に出演したのを思い出して一人で盛り上がっていたのだけど、周りはそうでもなかったなあ。

電車移動して、名古屋のドルチェ楽器へ。夜のライブはたくさんのご予約をいただいております。ご予約をいただいた方にプレゼントの楽譜をギリギリまで作っておりました。出来上がったものの、これはチョー難しい。もらった楽譜が演奏できないような難しいものだったら、みんなさぞかしがっかりするだろうなあと思い、急遽、もう一曲、優しい曲もプレゼントすることに。みんな、やってちょーだいね。

いつものライブの演奏だけでなく、サイレンブラスのプロモーションが、本日のお題目に入っておりました。(直前に)さんざん悩んだ挙句、サイレントブラスをつけて一曲演奏。そして、イヤホンの音をお客様(2名限定)でステージ上で聴いてもらうことに。客席のお客さんには、シュールな画になっていたのではないでしょうか。

コンサート、楽しく終了して、あらら!お洒落なワインバーでの打ち上げに突入!

看板打ち合わせ

COTANにて、クラウドファンディング達成の暁に、掲げる看板のデザインの打ち合わせ。

いや、実は、クラウドファンディングが目標金額に達しなくても自腹で作らないといけない。そういう設定。

なので、見切り発車で注文しないといけないのー。達成できるつもり満々でやってるので、いいのー!

あー、これは良いものが出来上がるなあ。人の気持ちがこもるっていいな。(達成できれば)

COTAN店名看板プロジェクト

COTANのステージに看板を掲げるべきだ。そして、それはCOTANを応援するみんなの手で作られるべきだ。

との思いで、勉強し始めたクラウドファンディング、運営会社からいろいろアドバイスをもらい、修正を重ね、ようやく公開となりました。

いやー勉強になりました。返礼品のこととか、文章の書き方だとか。人のためっちゅうのは、なんでこんなにも動けるんでしょう。

まあ、そのうち、この知識を自分のためにも活かせる時が来るでしょう。